お菓子に入ってた牛。

1988年頃?、ロッテミステリーゾーンチョコスナックのオマケです。
パッケージにはビニル素材(たぶんポリプロピレン)の平らな板の状態で入っていて、
折り紙の様にパキパキ折って組み立てるという仕組みでした。
これは、同じロッテのジョイントロボで多用された「素材そのものを折り曲げる」という
ギミックをさらに突き詰めたものではないでしょうか。
どう見ても千切れるので、何度もくり返して遊べるモンじゃないという欠点はありますが、
ちょっとしたパズルの様な面白さがなかなか魅力的な食玩でした。


おりまげてパワーアップ変形プラモ入り!! やたらとオーバーなコピーが楽しいですね。

パッケージから確認出来るラインナップは以下の通り。

光速戦闘機ビームコブラ、マンモス型ゾーグ、カブト虫型ウォーリアー、
高速戦闘機フライングZ、クジラ型ビッグゲール、闘牛型ブルファイター、
翼竜型ドラノドン、宇宙タンカーノアルス、恐竜型ゴッドザウルス。



過去の画像に戻る

トップに戻る