キャノピー内のメカも彫り込まれています。

ノズルに極力、穴が開けられています。

1984年頃、グリコスポロフーセンガムのコスモワールドです。
地味な色の本体と派手な色のデコレーションの組み合わせが面白いですね。
デザインもシャープで非常にカッコいいです。
コロ走行はできませんが、奥の2台にはギミックがついています。(画面左の
ビークルは先端の回転、右のビークルは機体の伸縮)

この時期はデパートで「グリコのおもちゃ展」という催しが開かれてました。
その際に配られたパンフレットの画像を紹介しておきます。
デジカメ画像なので、かなり見えにくいですが。


グリコのおもちゃの歴史

戦中、戦後の物資不足がすさまじいです。その後材質は、紙>セルロイド>
木>ブリキ>プラスチックと移り変わって行きます。


グリコの商品ラインナップ(当時)

う〜ん!どうかい?、グリンコ学園、ギャグメイト他。
この頃はまだオリジナルの食玩立体物は健在だったようですね。
邪推ですが、トランスフォーマーがなんでもかんでもロボットにしてしまった
のがその後のオリジナル物衰退の一因だったような気がいたします。



尻尾は胴体に収納できます。

コスモワールドよりも前の時期のオマケ。
おそらく1984年の品ではないかと思います。

>新吉様から、手の加え様がないほど簡潔かつ詳細なデータが寄せら
れました。掲示板の文章をそのまま引用させていただきます。

コンテンツ一番下のメカワールド期オマケデータです。
ちなみにこの時期、デザインはダイナミックプロが担当していました。
--------------------
オマケ本体
名称:ヤドカリウス
出身:カイカイ星
特徴:砂浜でひなたぼっこするのが好き
      無害

箱左から1番目の絵
名称:イルカーナ
特徴:メカ太の小型快速水中艇

箱左から2番目の絵
名称:クワガタン
出身:カブト星
特徴:メカ太の友達
      泣き虫

箱左から3番目の絵
名称:メカタム
特徴:メカ太の乗るマシンスーツ

箱左から4番目の絵
名称:オケラス大魔王
出身:オケラス星
特徴:母星の独裁者だった
      地球征服をたくらむ
--------------------
ってな感じです。夢が広がるね。


過去の画像に戻る

トップに戻る