小さな世界の拳銃コレクション

1980年代前半頃、カバヤミクロマンガムのミクロチェンジシリーズです。
上からルガー・ファイター、マグナム・ランチャー、ブローニング・ロボと
なっており、これらには奇数の番号が、同時期のミクロカセット達には
偶数の番号がつけられてラインナップされていた様です。
弾は発射できませんが、小さなボディに詰められた変形ギミックが
大変魅力的なアイテムです。


変形中の写真

ルガー・ファイターのリヤトルグに収められたサブファイターを機首に取り付け
ます。銃身の下にあるレバーは普段はボディに収納されており、これを引き
出す事で、飛行機の時のみ自重でトリガーが引っ込む仕組みになっています。

マグナム・ランチャーのシリンダーの内側にはMファイターが格納されており、
取り出すにはちょっとコツが要ります。よく見るとハンマーとトリガーにシート
らしき物があります。ミクロマンが座るにしても小さすぎる気がしますが。


変形後をみる

説明書1. 説明書5


過去の画像に戻る

トップに戻る