エイプフェイス ジェット機モード。
 前進翼がナウいのです。

デストロン側のヘッドマスターから3段変形するホラートロンのうちの一人、
エイプフェイスです。
ジェット機とロボの他にもゴリラに変形する事が出来ます。


銃は余剰だけど適当な所に挿せます。

ジェット機モードでトレイナーが搭乗。
もちろん乗せたままキャノピーを閉められます。


正面は割りとシンプル でっかいバックパックみたいで、これはこれでかっこいい。

トレイナーのスパズマ。
基本的な構造は普通のヘッドマスターと大体同じですけど
ゴリラとロボの顔がヘッドモードの裏表にあるため
背中側からは丸見えだったりします。


尾翼は盾になります。

エイプフェイスのゴリラへの変形。
尾翼を取り外したら主翼をたたみ、さらに機首も折り畳んだら
ゴリラの手足を展開します。


説明書ではもっと四つんばいになってます。

頭に変形したスパズマをゴリラ側の顔を表に合体。
体型は少し特殊ですけど結構ゴリラしてます。


ロボの手足はゴリラとは別パーツです。

ゴリラからロボットへ。 頭を外したら天地をひっくり返し、
ゴリラの手足を背中の方に回してロボの手足を展開します。


小ロボを元に戻す必要は無いんですけど一応。 デストロンなのでメーターは紫

エイプフェイスのトランステクターにヘッドオン。
パワーメーターのギミックはこちら側のみで
ゴリラの方には付いてません。


ヘッドマスター ホラートロン エイプフェイス

半自動音響ブーム銃と電気シールドを装備。
他のモードでロボの手が丸出しな辺りに多少のしわ寄せが行ってますが、
モチーフが面白く、デザインも格好良い方の良作であります。


シールドはパッケージアートでは肩の穴に付けてます。

ついでに横から。かなりお尻が重そうで踵もそんなに広くないのに
後ろに倒れたりしない不思議なバランスだったりします。


トランスフォーマー目次に戻る

トップに戻る