ダイノベース・ダイナザウラー 見事なゴジラ体形が80年代。

デストロン側のスクランブルシティ計画、ダイノベース・ダイナザウラーを。
こちらは人型のロボットモードは無く、恐竜から基地と都市に変形します。


口の中の武器は固定されているので独立して動かす事は出来ません。

ダイナザウラーの顔に備わっている武装ギミック。
眉間のガンカバーを開くとオプチカルセンサーが、
口を開くと2連装プラズマガンが内蔵されています。


シーツはあの後洗い直したんですけど、簡単にシワがついてしまいました。

ダイナザウラー最大の特徴は、手足を振ってのし歩く電動ギミックでしょう。
画像は入れてませんけど、尻尾の中に単二電池をセットします。


レーザーキャノンは単三電池で光ります。 電子分解銃の位置は、説明書によると左手。

オプション部品を合体させて出来るプラントタンクと、
恐竜の胸にセットされている車、フルチルト。
フルチルトはロボットにトランスフォーム出来ます。


恐竜の開きと言うか三枚下ろしと言うか

基地へのトランスフォーム。
体の側面を手足ごと左右に開き、首を180°回転させます。


箱にはこれに近い状態で入っているので、かなりかさばります。

プランタンクの一部を分解し接続、オプションを取り付ければ攻撃基地に。
オプションのブラスターは、脚を動かしてた動力部と繋がってるので回転します。


脚の中のバーを見せたかっただけ。

都市へのトランスフォーム。
脚のロックを外し、二つに割ります。
画像の様にひっくり返す必要はありません。


オプションじゃない方のサイドパネルはヘリポートと言う設定。

脚を干渉しない位置に動かし、ブラスターをスキャナーに付け替え、
更にプランタンクの残りとサイドタラップを付ければ秘密基地に。


恐竜の時、フルチルトがくっついてた部分です。

タワーの取り付け基部裏側には、カタパルトの発射スイッチがあります。


接続はオプションのコネクターを介して行います。

メトロフレックス同様、こちらも都市の状態で、
モーターマスターとオンスロートを接続して遊べます。


適当にテラートロンやシーコンズを足せば合体出来ますけど。

ついでにモーターマスターとブルーティカスと記念撮影。
スタントロンはメンバーが揃ってないのでメナゾールになれません。


トランスフォーマー目次に戻る

トップに戻る