ハピネスチャージプリキュア27話〜39話


第27話「悩めるひめ!プリキュアチーム解散の危機!?」


感想と言うかツッコミ

「やるな誠司」
武道と性格だけでは無い高スペックっぷりにちょっとびっくり。
「占ってみる」
そう言えばそんな設定ありましたね。
「誠司くんはどんな仕事も丁寧だね」
更に丁寧。どんだけ優良物件。
「ラブリーの言葉ズシンと来たわ」
なんかすごい威力のありそうな攻撃が。
「わたし戦うわ。ハワイのために、そしてロコモコを食べるために!」
そして本場でアロハオエを踊るためにも。


第28話「ハワイ上陸!アロ〜ハプリキュア登場!」


感想と言うかツッコミ

「キュアマリン登場」
一瞬マトモな腕が見えたので逆の意味で予想を裏切られました。
「世界中のごちそうが食べられるの」
突撃世界の晩ごはん?
「ふたりとも食べてみて。とってもおいしいから」
ハワイ組より先に二口目に手を伸ばすヒメルダさん。まあ下手に待つよりはいいのかも知れません。
「おいしいご飯を一緒に食べると喧嘩なんか忘れて笑顔になっちゃうよね」
真顔で目を輝かせているいおなさんがいとおかし。
「彼女達なら目覚めさせる事が出来るかも知れない、大いなる力シャイニングメイクドレッサーを」
あらもうそんな季節。


第29話「アクシアの真の姿!シャイニングメイクドレッサー!!」


感想と言うかツッコミ

「見た目は悪いけど味はそこそこですから」
あんまり誉めてない。リボンらしい評価ではあります。
「もし皆が幸せになれる方法があるなら、私はそれを皆で考えたいです」
今年も和解ENDで確定っぽいですね。後は黒幕っぽいのがどんな奴かって所でしょうか。
「幻影帝国に行けばプリキュアの力は百万分の一になってしまうわ」
なるほど、このための設定でしたか。数字はオレスキーさんのふかしな気がしますが。
「プリキュアのフォームチェンジが踊りなのもそのためなんだぜ」
気付かなかった、そんなの・・・。
「幸せは一瞬、愛は幻、心を惑わす災い、思い出せお前の怒りと悲しみを」
昭和の歌謡曲みたいなフレーズは貴方さま作でしたか。


第30話「ファントムの秘策!もう一人のキュアラブリー!」


感想と言うかツッコミ

「全部まとめてお願いします」
ゆうゆうが一番楽しそう。多分本気では無いだろうと思いますけど。
「しょうがないなあ、しばらくオシャレな鏡として使うしかないか」
文字通りにオモチャ扱い。
「ラブリーパンチングパンチ」
目の前での巨大化になぜか笑いが。
「あなた幻影帝国の新しい幹部ね」
いいえ新しい性癖に目覚めた変態さんです。
「調子に乗って」
一番ノリノリだった人が言う台詞ではないと思います。


第31話「まさかの急接近!?キュアハニーとファントム!」


感想と言うかツッコミ

「どうするのあれ連れて帰っちゃったけど」
まるで拾ってきた犬の様・・・マジで犬?
「もう不安で不安でご飯も喉を通らないし」
少なくとも七つから八つは食べてます。ほぼ全部と言いたい所ですが、しっかり皿に補充されてた様です。
「昨日から何も食べてないからお腹すいてるでしょ」
食べられるのかなと一瞬思いましたが、お菓子ばっかり食べてる人も居ましたっけ。
「その甘さが身を滅ぼす事になるぞ」
甘いと言うか真面目かな? 初期の険悪モードの時も、この辺は筋を通してましたし。
「ふぁ〜まだまだー」
珍しく超やる気なし、まるでファントムさんを笑いに来ただけみたいです。


第32話「いおなの初恋!?イノセントフォーム発動!」


感想と言うかツッコミ

「なーに今の超かわいい」
突然で何か悪いものでも食べたのかと。
「ナマケルダ、何言ってるの」
少し前までは親切にアドバイスを送ってあげてました。
「この世界の恋を全て消し去るのです」
飛ばされたアイスは、すかさずゆうゆうとヒメルダさんがおいしくいただきました。
「踏ん張るんです」
ナマケルダさん、名前に反してもうすっかり熱血コーチです。
「みんなに幸せふるふるチャージ」
なぜそこで死刑。


第33話「わたしもなりたい!めぐみのイノセントさがし!」


感想と言うかツッコミ

「あーあーイーノーセントー」
なんとなく演歌調。
「わ、わたしに聞かれても困るわ」
そのまんま、なろうと思ってなれるもんじゃ無いって事でしょうね。
「こんにちわー、何してるんですか」
こっちもそう思いました、川原でやる事なんだろうか的な意味で。
「あのー、わたしの分・・・」
もしかしてアドリブ?
「イ、イノセントフォーム? 何だそれは」
仲間に教えるなんて面倒ですぞ。


第34話「ひめ大活躍!?盛り上げよう!はじめての文化祭」


感想と言うかツッコミ

「嬉しい楽しい事いっぱいしよう」
いきなりふなっしーが出てきて何事かと思いました。
「ひめ、文化祭はね一人で頑張っても駄目なの」
サッカーの時と同じですね、言い方はだいぶ変わりましたが。
「何でも作るよ」
いつもながら頼もしい。
「文化祭、体育祭、音楽祭、全部まとめてめんどくさーい」
らしい口上に座布団一枚差し上げたいです。
「そう言えば文化祭でビジュアル系バンドなんかやりましたな」
突然明かされるナマケルダさんの過去。今回二番目のサプライズでした。


第35話「みんなでおいしく!ゆうこのハピネスデリバリー!」


感想と言うかツッコミ

「ついにあのハニーキャンディの秘密が」
変な儀式以外は全く普通でした。どこにあんな力が。
「綺麗に洗ってある」
態度はともかく説教するだけあってマメです。
「チョチョーイ」
買ってきた? しかも食べてるどうやって?
「三ツ谷のおばあちゃん」
まるで命が天に帰ったような
「これはお店でも貰えるのかね」
交渉とはこうやるのか勉強になります。


第36話「愛がいっぱい!めぐみのイノセントバースデー!」


感想と言うかツッコミ

「まさか忘れたんじゃないだろうな」
いやまさかそんなはずは。ちょっと菓子食ったりゲームしたりするのに熱中してただけですよ。
「プリンセスバリアー」
久方ぶり。一枚だったからか、あまり効果がありませんでしたけど。
「ラブリーフラッシャー」
100万分の一の時以来? と思ったらあちらはブラスターでした。
「ふざけるなーなぜ貴様と一緒にパーティーなどせねばならんのだ」
ごもっとも。なんか浮きそうですし。
「絶対後から裏切られるに決まっている」
何があったんだろう。多分深く語られる事は無いでしょうけど。


第37話「やぶられたビッグバーン!まさかの強敵登場!」


感想と言うかツッコミ

「うわぁ超かわいい」
帽子を被った小さなカボチャが特に。
「ああ怠けなければ。怠けないと幸せになってしまいますぞ」
一生懸命怠けますぞみたいな。設定自体が愉快な人ですね。
「このキュアラブリーは無敵なんだから」
もう驚かされないと思ってたのにまさか本梨そのものが出てくるなんて。
「ポップコーン食べたーい。チョロスもいーい」
これのオモチャ出ないかなあ、ゼンマイ巻いて走り回る感じで。
「この日のためにハロウィン貯金してたから」
流石と言うか、この人らしいです。
「こうなったら三人同時にやってみましょう」
てっきりガチンコヘッドの事かと。


第38話「響け4人の歌声!イノセントプリフィケーション!」


感想と言うかツッコミ

「おい貴様ァ俺様の邪魔をするな」
せっかくいい気分になってたのに!
「あたしはブルーと出会えていい事ばかりだよ」
流石に私も馬鹿馬鹿しいと思いますが、幻影帝国側もわざとらしい訳でして。
「輝けシャイニングメイクドレッサー」
ものすごくそのまんま歌い続けるとは思わなかったです。
「これはおいしそうなプリンのパワーを感じるですわ」
どうせならキュアプリンセス関係のイベントの時に。
「それをプリキュアに使わせるとはブルーは余程貴方の事を」
文字通りに悪い男に引っかかったみたいな。
「どうしてもアメリカに行くなら私を倒してからにして」
こんなに弱い子を日本に置いてきて大丈夫かしらと思わせる作戦・・・な訳ないですね。


第39話「いおな大ショック!キュアテンダーの旅立ち!」


感想と言うかツッコミ

「ちぇっ、いおなのケチ」
今回は固まらなかった。
「流石いおな、私のこりのツボ熟知してるわね」
あれ、もしかしてどっちに転んでもいおなに損はない条件?
「神出鬼没のプリキュアハンターに怯えているかもしれない。私はそれくい止めたいのよ」
かなり合理的な理由。鏡を使った方が確実だと思いますけど神様の仕事は増やしたくないのでしょう。
「サイアーク、ギッタギタにやっちゃって」
なぜかものすごくはりきるサイアークさん。やたらとマフラーとか動いてました。
「意外と手続きに時間がかかるからまだ空港じゃないかな」
もう弁当をかっこんでるのは、いつも通りのヒメルダさん。


プリキュア目次に戻る

トップに戻る