Go!プリンセスプリキュア1話〜12話


第01話「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!!」


感想と言うかツッコミ

「はーい、ごきげんよう」
意外と軽い?
「あったぬきだ」
お花を摘みに行った様にしか。
「うわー、たぬきがしゃべったー」
デタラメを口にしてしまう慌てっぷりがかわいかったです。
「咲き誇る花のプリンセス」
なんか手の動きがすごい。
「あらせられるロマ」
めちゃくちゃ言いにくそう。


第02話「学園のプリンセス!登場キュアマーメイド!」


感想と言うかツッコミ

「集中してもう一度」「はい(キラリン)」
なんて素直な。
「見せてごらんなさい、捻挫ね」
なぜ無茶をしてはいけないのかが一発でわかる良い対応ですね。
「私を何だと思ってるの?」
上品なマダム。
「大丈夫? 春野さん」
まだ一般人状態なのにかなりの運動能力にびっくり。
「あぶなーい」
さっき助けたのが台無しでちょっぴりコントの様。


第03話「もうさよなら?パフを飼ってはいけません!」


感想と言うかツッコミ

「しかるべき所に連れて行ってもらいます」
ダメでしょコラ!(違。
「破るんじゃなくて作るんです」
ひでえ! けどルールのためのルールになっては意味が無いので一理はあります。
「耳を結ってあげると転ばないんですよ」
え? それはそうとなんか昔そんなのが居た様な。
「決めましょう」
ものすごいスローボールで敵が倒れてびっくり。多分スタン効果みたいなのがあるのでしょう。


第04話「キラキラきららはキュアトゥインクル?」


感想と言うかツッコミ

「はるが二回も入ってるじゃん」
言われてみればその通りである。
「これ返すわ」
もう用件片付いちゃった。あと15分どうしましょうか。
「モデル天ノ川きららは、まだまだ大きくなるんだから」
胸の話をしているのかと。
「わたしの夢はプリン・・・」
ここで区切るとアクセントまでもが食べ物のよう。
「はい、そんじゃごきげんよう」
まさかもう一回やるとは。あと一年どうしましょうか。


第05話「3人でGO!私たちプリンセスプリキュア!」


感想と言うかツッコミ

「あなたもやってみる?」
右手と右足がなんと古典的な。
「あたしじゃなくって衣装がかわいく見えなきゃダメなの」
普段軽めの言動だけど、プロ意識はしっかり持ってるんですね。
「天ノ川さんがプリキュアになった時のドレス」
でかい声で堂々と。多分本物だとは思われてないのでしょう。
「プリキュアにならない? って聞いたのに、あんな笑顔でわかった、って」
押して駄目なら引いてみろという高等テクニック。ではなく前向きがカギって奴でしょうか。
「戻ってきちゃった、しょうがないなあ」
自分の事でしょうか。


第06話「レッスンスタート!めざせグランプリンセス!」


感想と言うかツッコミ

「・・・に囲まれた、つぼみの様なあの子は誰」
いきなりひでえ。けど、今回のテーマとよくからんでました。
「初めてで不安な場所も」
まさかのイース様。回想っぽいけど。
「グランプリンセス?」
えっと、とにかく強そう!
「ごきげんようエブリワン」
たおやかさんが好きそうなステッキがすごく気になります。
「花のプリンセスって割りには君なんか地味だね」
かなり派手な格好なんですけど。この世界のプリンセスはどんだけ派手なんでしょうか。


第07話 テニスで再会!いじわるな男の子!?


感想と言うかツッコミ

「だって一番プリンセスっぽいんだもん」
・・・アホだ。絶対アホだ。
「プリキュアの事は秘密ロム」
今まで全くそんな感じはしませんでした。はるはるどころか三人とも。
「レッスン内容に合わせて変化するフレシキブルな空間よ」
ますますたおやかさんが好きそうな。
「どこ行くざますそっちは危ないざます」
この後どうやってまいたんでしょう。みなみさんは困惑気味に言い訳してましたけど。


第08話「ぜったいムリ!?はるかのドレスづくり!」


感想と言うかツッコミ

「わぁドレスがいっぱい」
肉球いっぱい空間では無いだと!?
「ほぅ・・・まあいいでしょ」
似合いそうだけどデカい花がちょっと・・・でも花のプリンセスだし、みたいな葛藤がおそらく。
「最高のケーキ完成よ」
ちょい役の割りにはかわいいですね、この子。
「ちょっと待ったー」
なんとなくねるとんを連想しました。
「マーメイド!」「(クルクルクル)はっ!」
無駄にかっこいい横回転に吹き出しました。


第09話「幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!」


感想と言うかツッコミ

「皆さんの夢に乾杯」
なんか変。おかしな事を言ってる訳では無いのですが。
「私達料理部が腕によりをかけて作ったのよ」
このモブかわ・・・先週出た人でしたか。
「じゃあどんなのが取りたいんだ」
かわいいオバケ映画でした。
「なに勝手に始めてんだよ」
この他トゥインクルを閉じ込めて地味な笑いを生み出したりと今回のアフロ君は芸達者でした。
「マーメイド」「フローラ」
シリーズで度々見られる手を繋いでのキックにこんな使い道があったかと感心。


第10話「どこどこ?新たなドレスアップキー!」


感想と言うかツッコミ

「スチャッ」キョロキョロ「スチャッ」
どう見ても役に立ってないけど、ここは空気を読んでおくべきかしら。みたいな。
「卒業以来わたしはこのガーデンの管理を任されているのです」
言い出しっぺは大変?
「天ノ川ステラ・・・これママだ」
寮母さん忍者説は卒業生による隠蔽工作だったのでしょうか。
「白金さんが」
テンポの良さで、シリアスなシーンなのになぜか笑いがこみ上げてきました。
「厄介だねこりゃ」
よじ登るのかと思ったら、昔の漫画みたいな方法で戻ってきた。


第11話「大大大ピンチ!?プリキュアVSクローズ!」


感想と言うかツッコミ

「ならビッグチャンスじゃん」
なんと気が早い。
「これがあったじゃん」
残念はずれ。
「頼めるか」「はい」
これからステックを配ってく展開かと思ったら、さっさとごきげんようされてしまいました。
「平気だよはるかちゃん」
二羽の時と言い、この世界の一般人はすごく強いです。
「プリキュアトリニティリュミエール」
王冠ビームとは新しい。


第12話「きららとアイドル!あつ〜いドーナッツバトル!」


感想と言うかツッコミ

「やるわ社長」
あくまで仕事と言う建前でプライドを保ってるのがかわいらしいです。
「はるかちゃん、いつの間にリボン」
増えてるの所で吹き出してしまいました。なんだか負けた気分。
「今日は慣れない新人のきららちゃんを引っ張って」
誰もが足引っ張ってんじゃんとつっこまずには居られなかった事でしょう。
「スイートスカイへインザダイブ」
やり過ぎて伝わらない選手権でした。
「テレビに輝くトップアイドルよ」「コメディアン?」
あんなに感動していたみなみさんまで目が点なのが実にひどい。
「ほう、このゼツボーグなかなか熱い夢で出来てるようだ」
やっぱりコメディアン体質な様な。


プリキュア目次に戻る

トップに戻る