毛先を曲げれば結構似るかも

いちご「何よ、みんとったら最近これみよがしに飛ぶようになっちゃって。
         相変わらず空を飛んでないのって、あたしだけじゃない」
いちご「でもまあ一応、必殺技の時は毎回飛んでるようなモンだし、
         今までだってなんとかなってきたんだから、別にいいか」


れたすの触角は、ブーツに入れると立たせやすいです

れたす「そんなの間違ってます。本当の気持ちじゃないはずです。そんなの、ただの強がりです」
いちご「いやあ、ホントに気にしてないんだけど・・・」
れたす「例えどんな事情があったって、やってもない事を諦めるなんて本人の身勝手です」
いちご「あたし、そう思わない、思わないよ!って言うか、この前やったばっかりじゃん」
れたす「このままじゃいちごさん、ずっと悲しむ事になっちゃいますよ!」
いちご「幸せ、あたし今すっごく幸せだから、気にしなくていいよ、れたす」


しまった、ムチの位置がヘンだ

ざくろ「あたしに任せて」
いちご「ざくろさん、それにみんな!」
ざくろ「あたしが地上の逃げ場を塞ぐから。みんとがジャンプを狙い
         撃ちした直後を、一気にプリングリングで捕獲しましょう。
         たぶんストロベルベルのバリアが途切れるのは数秒よ」
みんと「解りましたわ!お姉さま」
プリン「みんなの呼吸が大事なのだ」
いちご「ちょ、ちょっと、みんな何を企んでるのよ!」


単に並べただけ。しかも曲がってますけど

いちご「また、こうなるワケ?もういいかげんにしてよ!」


あ、そうそう。いちごは十字架に縛り付けています

ざくろ「名付けて『ミュウ・コラボ・ロケット・アラモード』よ。今回はパイロットの完全
         拘束によって、より正確に宇宙を目指す事が可能になったわ」
いちご「それじゃ、あたしが乗ってなくてもいいじゃない。ざくろさん、降ろしてよ!」
みんと「ダメですわ。ちゃんと宇宙に行ったかどうか報告していただかないと」
いちご「その前に死んじゃうんだってば!」
プリン「はじける冷や汗、飛び散る血しぶき、考えただけでワクワクするのだ!」
いちご「嬉しそうな顔で、イヤな想像するなあ!」
れたす「気にしないほうがいいですよ」
いちご「それ赤坂さんのセリフ!って言うか、早くここから降〜ろ〜し〜てぇ!」


隠れて見えませんが、ザクロスホイップの柄の部分にはデカデカと紋章がプリントされています

ザクロスホイップを購入。単なる十字架かと思いきや、この状態だとフルートに
なってるんだそうで。見た目一番つまんなそうなので買うのを後回しにしていた
のですが、実は笛と鞭とで異なる種類のサウンドが鳴るという、意外と楽しめる
オモチャでした。
ようやく5人の武器を一通り揃えてみたのですが、その中でダントツで面白かった
のはプリングリングかなあ。アレは、かなりサルになれます。ウキャ。


東京ミュウミュウ目次に戻る

トップに戻る