以下の文章の多くは2003年の春までに書いていたものです。
そこから15年も経過し、ネットも普及したのを通り越してスマホが普及しまくり、
パソコンが出来ないオジサンならずパソコンが出来ない若者が登場するまでになってる今となっては、
「勉強ができるのと頭がいいのとは違う」と言う、もはや誰もが知る事となった内容を
長々と理屈を捏ねて並べたててるだけの何ともこっ恥ずかしい文章になってしまいましたが
臆面もなく載せてしまいます。



3年奇面組

受験って、なんだろうね・・・



などと唯ちゃんの言葉を借りつつも、彼女の心境とはかなり異なる「私の主張」みたいな
内容になっちゃいますが、奇面組にもそんな風な名前のキャラがいたからいいですよね?
私にとっては、教育への問題提起という観点で見れば、奇面組もライブマンもおジャ魔女どれみも
同じ軸の上にあります。アジり方や声の大きさなんかは、それぞれ全然異なりますけれども。

まず、なぜ受験が必要とされるかと言うと、社会に出るのに便利なハズだからですね?
メシを食わねば死んでしまう以上、食糧を供給できる力(=経済力)が必要とされるのは
社会においては当たり前の法則です。
経済力とは他人にお金をめぐんで貰える力の事です。もちろんタダで他人にお金をくれてやる
バカはいないワケですから、そこには当然見返りが要求されます。
他人がお金をくれてまで求める見返りはただ一つ、「自分に出来ない事をやれる能力」の提供です。
「他人には使えない時間を使える」と言うのが、最も大きな能力なのですが、言うまでもなく
「他人に出来ない事をやれる能力」=スキルが高いに越した事はないでしょう。
ですから、そのスキルを習得するという意味で機能していれば、受験は社会に出るのに
非常に有効な手段となり得るのです。

さて、受験にとって必要とされる勉強。これが得意なヤツとはどんなタイプなのでしょうか。
これはあくまで私の憶測ですが、おそらく以下の様なタイプ、もしくはそれらが複数組み合わさった
性格で構成されているのではないかと思います。

1.努力が好きなタイプ
2.要領のいいヤツ
3.言われた事に何の疑いも持たないバカ

1は言わなくても解りますね?練習は上達への基本です。
2は何をどう動かすべきか考える事の出来るタイプ。これがいわゆる頭のいいヤツです。
え?バカに勉強なんか出来るハズがないじゃないかって?いえ、かなり出来ますよ。
このタイプが力を発揮するのは、短時間に出来るだけ多くの処理をこなす問題、すなわち暗記です。
何しろ、事象に疑問を差し挟む事がないのですから途中の処理を全部すっ飛ばせるワケです。
これは速いですよ。そう言うのを丸暗記って言うんですけどね。
チンパンジーが芸を覚えるのと何ら変わらないです。出来た様に見えるだけ。

それでですね、同じ勉強が出来るヤツと言っても、こんな風に違うタイプが混在しているのが
判断をややこしくしているワケですよ。んな事言っても、人間だから当たり前なんですけどね。
上記のうちの3のタイプにいくら受験勉強を推し進めても、それは時間の浪費にしかなりません。
バカに対してますますバカになる訓練を行っているだけですから。
一生懸命になって空っぽの器を作るのではなく、人間としての基礎を教えるか、何でもいいから
目標に対して論理的にステップアップして近づいて行けるロジックを理解させるべきでしょう。

最後の方になってようやく奇面組の話に入りますけれど、どうも骨組の骨岸無造君は
3のタイプなんじゃないかと私は思うのです。
バスケ大会での素直さと勘違いのしやすさ、更には暑中見舞で勘違いし放しな辺りとかに、
かなり危うい性格である事が見て取れてしまっちゃってます。
世代的にはギリギリセーフでいい所に滑り込めているでしょうし、
何かあっても輝君と言うイレギュラーがなぜかなんとかしちゃいそうなので、
それなりに幸せな生活を送ってるでしょうけど勘違いは一生続いたままかも知れません。

何が言いたいのかっつーと骨岸君のキャラクター造詣を見るにつけ、
新沢先生は何十年も前にこの事に気付いてたんだろうなあと、今回はそう言うお話でした。


奇面組目次に戻る

トップに戻る